FXは・・・安全です。

・・・僕は銀行預金よりも安全だと思っています。

みなさん、FX(外国為替証拠金取引)をやったことはありますか? FX=Foreign Exchangeは、その名の通り、各国の通貨を交換(売ったり買ったり)する取引のことです。

例えば、1$=100円で米ドルを買い、1$=101円の時にそれを売れば、1円の利益になるわけです。そして、このFXは、自己資金の25倍までレバレッジをかけられることが最大の特徴と言えます。レバレッジとは「てこ」という意味で、少ない力で大きい力を生むことができます。

始めたのは、僕が大学2年生の時・・・ぐらいだったかな。 深夜の工場のアルバイト中に、「僕がここでどれだけ頑張って8時間働いたとしても、8時間分の時給しかもらえないんだよな〜。スキーはお金もかかるしな〜。この時間にも他の誰か分も稼げたらいいよな〜。」と思ったから。ただ、他の誰かを雇えるはずはなく、「お金に働いてもらおう!」ということで、このFXに辿り着いたわけです。本当にアルバイト代程度ですけれどね。

さて、話は戻って。

もし僕がFXではなく、銀行で10万円分の米ドルを買ったとします。為替レートが1$=100円でしたら、僕が買うことの出来るのは

100,000(円) ÷ 100(円) =1,000$となります。

(通常銀行では往復4円ほども交換手数料が取られてしまいますが、ここでは割愛します)

その後、為替レートが1$=101円になり、僕が持っている1,000$を売ったとすると、

1,000($) × 101(円) =101,000円。

つまり、1,000円の利益となります。

これをFXで、レバレッジ25倍で同じように取引した場合は、以下のようになります。10万円の25倍、250万円分の取引ができますので、

2,500,000(円) ÷ 100(円) =25,000$(ドル買い)

その後、1$=101円になったら売ると・・・(ドル売り)

25,000($) × 101(円) =2,525,000円。

25,000円の利益となります。

同じ為替レートの動きでも、25,000円、25倍の利益(もちろん、逆も然り)が出るわけです。あたり前ですかね。

100万円入れて、同じようにやれば、25万円の利益になります。

もう一つ、FXの魅力の一つに

「スワップポイント」

というものがあります。スワップポイントは金利みたいなものです。通常、アメリカは日本よりも金利が高いです。(他にもめちゃめちゃ金利の高い国はありますが、通貨も不安定の場合が多い)金利の低い日本円を、金利の高い米ドルに変えて持っている期間、このスワップポイントがもらえます。

僕は正直、この3年ほどは上記のような「売ったり、買ったり」というのはやらずに、FXの利益はこのスワップポイントだけでした。なんせ、米ドルの変動は少なかったですからね〜。どれぐらいスワップポイントが付いていたかというと・・・

2018年 46.5万円

2019年 47.9万円

僕がFXに入れていた資金は500万円ほど。レバレッジは5倍。つまり、2,500万円ほどのドルを持っていたということになります。 500万円入れて、約9%の利回りでしたら・・・結構いいですよね。

よく、投資のセミナーや何かで、FXは、ハイリスク・ハイリターン。危険です!のようなことが言われていますが、僕からしたら「なにもわかってないで(本当はわかっているのかも)なに言ってるの!?」「なんでお客さんの投資チャンスを奪っちゃてるの?」と思います。確かにやり方によってはハイリスクになりますが、「やり方」によっては銀行預金よりも安全です。

なぜなら、「日本円のみ」というように、一国の通貨だけを持っているよりも、少なくとも基軸通貨である米ドルを持つことによって、自分の金融資産そのものの価値を守れることになるからです。(もちろん、自分のお金を全部ドルにしちゃう!なんてのは論外ですよね。やってはいけません。)

例を挙げて書くと・・・

例えば、原油なんていうのは100%輸入ですよね。その原油代金をサウジアラビアだか、カナダだか、中東のどこかの国の業者に、日本の輸入業者が払うわけですが・・・その時の通貨は? 確か、7〜8割は米ドルだそうですね。なぜなら「基軸通貨」だから。どこの国も基軸通貨=世界共通のお金が一番安心だから。使い勝手がいいから。

そこで

原油 1リットル=1ドルで取引されていたとします。為替レートが1ドル=100円なら

原油1リットルが100円で買えるわけです。

では1ドル=100円が200円(円安)になったら? ※極端に書いています。

原油1リットルは200円することになりますよね。言い方を買えると、100円で買える原油の量は半分の0.5リットルですね。

あなたのお金の価値は・・・?  下がっていますよね。 同じお金でも、それまでの半分しか原油が買えませんので。

逆に1ドル=50円の円高になった時は? 

そう!  今の逆で、同じお金で倍の量の原油が買えますので、あなたのお金の価値は倍になるわけです。

ですので「円」と「ドル」両方の通貨を持っていれば、

ドルが有利な局面(1ドル200円の方。円安)ではドルを使い、

円が有利な局面(1ドル50円の方。円高)ではを使うことが出来るのです。

目先ではだいたいこんな理論ですが、正直いちいちそんなことをやっていられません。

では、長期的には「円」と「ドル」どっちが強くなるの?

とうことですが、正解は「わからない」ですね。 

わからないから両方持っておく。

これが正しい対策ですよね。ただ、日本の人口減少率、経済成長率、GDPに対する債務比率・・・をアメリカのそれと比べたらどうでしょうか。個人的には、円が強くなる(円高)要素って何?とも思っています。僕は安全のために、お金に保険をかけて基軸通貨の米ドルを持っています。(FXは米ドルだけでなく、いろんな国の通貨を買えます) あ、念のために言っておきますと、僕は日本が大好きです。常に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」です。

で、

タイトルに戻りますと、ちゃんと無理のないレバレッジでやれば銀行預金より安全です。ということです。   なんなら、

レバレッジ1倍でやればほとんどリスクゼロじゃないですか?

上の話で、「ドルを持たない方が危険」と思っています。100万円で100万円分の取引をする。レバレッジを上げすぎちゃうからロスカット(調べてみてください)が怖くなっちゃう。

そして、ドルの買い付けも

分散して買う。

これが基本です。はじめのうち、よくやっちゃいがちなのが、「わーいドルが下がってきたから、いっぱい買っておくぞ〜!」これをやるとその後も下がり続けて、ストレスになるだけです。大抵そうなります笑

上がろうが下がろうが、同じ為替レートで買わないということです。仮にあなたが100万円持っているとしたら、せめて5回に分けて、5円動くごとに買い下がって(もしくは買い上がって)いけば、心にも十分余裕は持てるのではないでしょうか。

そして、目先の利益は求めないことですね。

もはや忘れてるのが一番!はじめのうちは遊びのつもりで売買してみてもいいと思いますが、ちょっと利益が出たから売ってみて、また少し下がったら買う、なんてやり方は、大して勝てないんですよ。むしろ負ける。人間損失の方が大きく引っ張っちゃいますので。少しの利益で決済するくせに、含み損が出ている時はどんどん我慢して持っちゃうんですよね。逆をやらないとダメなんです。(と、自分にも強く言い聞かせる!わかっていてもなかなかできないものなのです)

僕は、今現在、平均のポジションが111円ですが、とりあえず120円までは我慢して持っていようと思っています。 スワップポイントもその間ずっともらえますし。

ここまで話しておいてナンですが、

何よりも、一番の利益になるのはあなたの「本業」です。

FXに限らず、金融商品は買ったらしばらく忘れているのが一番です。

だって、一番の目的はあなたの心が豊かになることですから。

そのほか、詳しい取引のことは直接メッセージをくださいね。お気軽にどうぞ。

「ケンちゃんの、ちょっと得する話」をメールにて定期配信いたします。不要な方はチェックをはずして送信してください。
カテゴリー: FX