ケンちゃんの、
ちょっと得する話

神・時間術より

冬が間近に迫っています。僕の周りの多くの方がそうであるように、雪国の方はこの時期、シーズン前の希望と憂鬱の間を彷徨っていることでしょう笑。やることは盛り沢山です …

続きを読む

KEN TIMES

2022年9月号

「初ファミキャン」〜キャンプが一番良い!〜
「我が家にツバメがやってきた!」〜妻の大波〜
「中型、取りました!」〜バイクのある人生〜
「感謝&感謝!」〜同級生は宝〜
「ラブレター」〜お姉さま達からの手紙〜
「竹の子むき時間」〜全員集合〜
「夏、終わらないで〜!」

PDFダウンロード

2022年4月号

「レースへ再び」
「なんとも贅沢な遊びですよねぇ」
「春の欲望」
「テクノロジーを越えて」
「脳みそにブロッコリー」
「無性に野沢菜が食べたくなって。」
「私の健康法(エアロバイク編)」

PDFダウンロード

2021年12月号

「遊びの効果」
「心導会、北陸家族旅行」
「冬の快感。」
「祖母の楽園」
「私の健康法(洗眼)」
「これが七五三か〜。」
「カラダに電撃が走る。」

PDFダウンロード

2021年10月号

「初海釣り。」
「ゴルフの楽しみ方。」
「寺のボーズのよう。」
「過酷、藪漕ぎ。」
「全員集合!」
「子どもの描く絵。」
「やっぱりなかなか撮らないですね。」

PDFダウンロード

滑る、FP 河野謙


「コンコンと湧き出る
野沢の温泉のように」

 猛吹雪の中、みんなで顔を赤くしながら夢中で滑った新雪のシュナイダーコース。日が暮れるまで滑ったら、小さな肩に各々のスキー板を背負い 、降りしきる雪の中、黄色い街灯のお宮坂を下る…。 腰まで雪に埋まりながら、押し合いへし合い、みんなで笑って歩いて 別れ際には「夜 温泉行こうぜ!」の約束。

家族との夕飯のあと、暗い夜道を一人歩き、みんながいる温泉へと向かう。雪深い…。

ハァ… 熱いお湯に浸かればみんなの顔が和む。芯まで冷えた体がポッと温まる。「明日あそこにジャンプ台作ろうぜ!」「いつか野沢にこんな店作らねえ?」僕らにとっての温泉は、みんなが最高の笑顔で夢を語る場であった。

“コンコンと湧き出る 野沢の温泉のように“
みんなが笑顔で夢を語れる。僕はそんな仕事がしたい。