iDeCo(イデコ)が最強。

 これも良くお客さんと話題になるので。


 いわゆる、老後資金準備(貯めることだけを目的とする)において、「誰もができる」という意味ではiDeCoが現状では一番良いのかと思います。 まあ、いまどき「老後」なんていつを指すのかって感じですので、「将来の余裕資金」と言い換えましょう。60歳以降に向けた資産形成。もちろん、お子さんの教育費として使ったって良いわけです。前にも書きましたように、今の時代、ローンを使わなきゃ損ですので、お子さんが学校へ行っている間は教育ローンなどを活用し、自分が60歳になった時に、複利で増やし続けたiDeCoで返す。これは効率がいいです。前置きはこれぐらいにして。

僕の思う、iDeCoのメリットは以下の4つです。凄いですよ。

(念のため。iDeCoは自分で選んだ運用商品「投資信託・保険商品・定期預金など」を税制優遇を受けながら積立していける制度のことです。積立の限度額は人によって異なりますので、一番下にわかりやすい図を貼り付けておきます。)

①全額所得控除

これは大きいです。例えば、課税所得が330万円-695万円のあなたなら、ただ積立をするだけでも、

毎年確実に利息30%です。(そんな貯金って、他にあります?)

数字を挙げて見てみましょう。

例えば、課税所得500万円のあなたが、

・いつも通り銀行に年間10万円積み立てた場合 ➡︎当然なにも起こりません。(1円ぐらいは利息が付くのかな?)

・これをiDeCoとして積み立てた場合は

➡︎「所得税2万円」「住民税1万円」が返ってくる(安くなる)のです。

住民税は一律10%として、所得税分はあなたの課税所得によりますので、下の表を参照してくださいね。

課税所得900万円を超えていれば、毎年、確実に利息43%(所得税率33%+住民税率10%)となるわけです。ここだけ見ても、やらなければ損ですよね。 まだまだあります。

②運用中非課税

これも、まあまあのメリットですよね。でもサラッと。

例えば、

・毎月20,000円 ・30年 ・複利3% で運用出来たとします。

通常は、利益に対して約20%が税金として源泉徴収され、それに対して複利で運用されていきます。

すると、トータル720万円の積立が、

1,077万円(+49%)になります。

これが運用中非課税ですと、税金が一切引かれずに、そこに対しての複利でいきますので、同じ30年後でも

1,160万円(+61%)です。

それなりに差は付きますね。

③退職所得として受け取れる

これは大きいです。なぜ退職所得が有利かというと

①退職所得控除が使える。(例えば、勤続年数30年のあなたなら、1,500万円までは非課税でもらえます。)

②税率は通常の所得税率の半分。(退職金にかかる税金の計算式は最後に1/2を掛けます。なのでどれだけ所得があっても上限が22.5%。通常の所得税率は上限45%。)

③分離課税。(その年、いくら所得があっても、退職金については他の所得とは合算しないので、まずは税率の一番低いところから計算をスタートできる。)

詳しくは国税庁のページを。

以上のことを踏まえますと、

ほぼ税金がかからないという方が大半

ではないでしょうか。

④ドルコスト平均法を使える。

「ドルコスト平均法」・・・聞いたこと、ありますでしょうか? これも大きいです。なぜドルコスト平均法がイイかと言いますと、自動的にプロの投資家のように、投資信託などの買付が出来るからです。

株や投資信託でお金を増やそうと思ったら、

価格の安い時に買って」、「高い時に売る」

これが基本ですよね。ただ、長期に渡って、仕事の傍らそれを行なっていくのは至難の業です。

「ドルコスト平均法」は、日々価格の変動する金融商品を一括で買うのではなく、ある程度の期間に分散して一定額ずつ買付し続けることにより、

価格の低い時はいっぱい買って、価格の高い時は少なく買える

手法のことです。

例えば、毎月10,000円で投資信託を買付していくとします。

基準価格が一口1,000円の時、10口買えることになります。

基準価格が上がり、一口2,000円になりますと、今度買えるのは5口だけになります。

逆に基準価格が一口500円に下がりますと、20口買えることになります。

こんな感じですね。「minkabu.jp」さんより。

この「ドルコスト平均法」を使えることから、20年以上の長期に渡って積み立て出来るのでしたら、

「一番ハイリスク・ハイリターンの銘柄を選ぶ」ことをオススメします。

それは、変動の激しい銘柄の方が、「安い時にいっぱい買って、高い時は少なく買う」という効果が出やすいから。より上手に買付できるということですね。 「それでも何を買ったら・・・」という方は、ご連絡ください。参考までに僕の買付している銘柄をご案内しますね。ハイリスク・ハイリターンのものなら何でもいいというわけでもありませんので。

以上が大きなメリットです。

ただでさえ、世界の株価は基本的には上がり続けるものだと思います。

なぜなら人類が進化し続けているから。

NYダウは30年前(1990年)の9倍以上になっています。

日経平均は、株価こそ同水準ではありますが、それはまだバブル崩壊し始めの異常値と比較ですので仕方なしとしても、

10年前(2010年)の倍の値を付けています。今はコロナで下がっているにも関わらず。

この先30年はどうでしょう?今より株価が低い可能性もあるのでしょうか?

僕は迷わずiDeCoで買い続けます。こんな有利な資産形成の制度は、現状、他にありませんから

積立額(掛け金)の上限です。スタートは5,000円からで1,000円刻み。僕はSBI証券を使っております。

大体のことを書きましたが、わからないことはお気軽に聞いてくださいね〜。


「ケンちゃんの、ちょっと得する話」をメールにて定期配信いたします。不要な方はチェックをはずして送信してください。