あなたは株以外で貯める勇気・・・あります?

この図は、ジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」(第1版2005年11月発行)より引用しました。

1801年〜2003年の200年において、株式、長期米国債、短期米国債、金(ゴールド)、ドル(現金)インフレ調整後のトータルリターンを表わしたものです。

「インフレ調整後」とはどういうことかというと、

例えば・・・1983年に100円で設定された自販機の「コカ・コーラ」。1992年に110円1998年に120円2014年には130円に・・・と、時が経つにつれて値上げされていきます。コーラに限らず、身の回りのもの全てですね。

僕の父が就職した1971年の初任給は、大卒でも平均46,400円ですって。現在でしたら、家賃にも足りないぐらいではないでしょうか。

つまり、現金の「価値」は落ち続けているということです。物価はどんどん上がっていくので。これが「インフレ」。

このインフレが無く、「コカコーラ」も「初任給」もずっと金額が変わらなければ、ドル(現金)は横ばい一直線に推移します。

ところが、

1801年の1ドルは、200年間のインフレによって、2003年には0.07ドル(7セント)になっています。

これがインフレ調整後のトータルリターンということです。

純金(ゴールド)積立も最近は注目されていますが、インフレ調整後はどうかというと・・・200年でわずか、1.39倍です。この理由で、僕はオススメしません。

このインフレを上回るところでお金を貯めない限り、あなたのお金はいつまでも増えませんよね。

いえ、「額」自体は増えているかもしれません。銀行でも、スズメの涙ほどの利子はつきますもんね。

ただ、

「価値」は比にならないぐらいの猛スピードで落ち続けていますね。

・・・対して、株式は?

59万倍。

この図は2003年までしか載っていませんが、米国株式(S&P500指数)は2019年時点で、

2003年の終値の約3倍です。

世界的に、あらゆる面で急成長した200年でしたが、どこの期間を切り取っても、株式は、どの線よりも綺麗に右肩上がりです。群を抜いて。

・・・あなたは、株式(投資信託)以外の方法でお金を増やす勇気・・・あります?


「ケンちゃんの、ちょっと得する話」をメールにて定期配信いたします。不要な方はチェックをはずして送信してください。